つるひめの日記

読書、映画、音楽、所属バンド等について日々の覚え書き。

イベント「ビートルズvsクラプトン」ほか

先月の連休中18日は、いつもお世話になっている下北沢ブレスさんからのお誘いで、ビートルズvsエリック・クラプトンというビートルズ、クラプトン2バンドずつ出演するイベントに参加してきました。

前回、紙芝居の記事では、「豆腐vsコンニャク」でしたが…笑

 

私たちの「大奥別館」は、ビートルズ初期の、ロックンロール系王道曲中心に13曲演奏し、新曲としては「Ask Me Why」、私は「I Wanna Be Your Man」を歌いました。

私のMCでは、対バンさんが今回お馴染みのバンドさん達ではなかったので、どうしようかと思いましたが、マスターの諸橋さんがいつも楽しみにして下さってるようなので、いつものクレヨンしんちゃんのモノマネから、今回はドラゴンボールの悟空の声マネをやってみました。

悟空のマネというか、正確にはこちらのお笑いコンビ「アイデンティティ」さんの悟空の声優・野沢雅子さんのモノマネですが(^▽^;)

youtu.be

「今日もつえ~(強い)バンドばかりで、ワクワクするぜぇ~。」「みんな、オラの元気玉を受け取ってくれよな~!カ~メ~ハ~メ~ハー!」という流れで(^▽^;)

「カメハメハ」の時は、一言ずつ変顔をしようと思ったのですが、さすがに羞恥心が邪魔をして出来ませんでした。

実は悟空のマネは二回目なんですが、前回よりは似ていたようで良かったでした^^;

バンド仲間の方が何名か観に来て下さっていたので、ありがたくも盛り上げて下さいましたm(__)m

対バンに出演されている旦那さんを観に来てらした、ストロベリー・ツインズのyumiさんが珍しいアングルの写真を撮って下さったのですが、これは店内スクリーンで、ドラムの上から映るのをずっと狙っていて撮って下さったのだそうです♪

今回の衣装は、メンバーのまみちゃんが、ご自身が持っているビートルズスカートと同じのを、以前メルカリでポチっと購入してくれたので、お揃いにしました。

「HELP! 」の頃のかっこいい4人の顔が全体に散りばめられていて、モノトーンでシックでもあり、私も着たい~と女性から評判良かったでした。(フリーサイズ・2千円です^^;)

 

以下、対バンの皆さんです。(画像は粗くしてあります。)

クラプトンバンドの、「プラスチック・ソウル・ロケンロー・バンド」の皆さん。

最近毎回、メンバーの誰かがキャンセルでなかなかLIVEが出来なかったそうですが、今回も、行きの電車で、メンバーの一人が急遽参加できなくなったとの連絡あり、仕方ないので3人編成でも出来る曲を5曲だけやられ、とても残念そうでした。

でも、クリームの「ホワイト・ルーム」ほか、素敵な演奏と歌を披露して下さいました。

 

ビートルズバンド「The Bootlegs」さん。

7月にご一緒した下北沢音楽祭では、トップバッターだった大御所バンドで、やはり初期の王道曲ばかりだったので、今回私たちと曲がかぶりまくりでした。私がいつもの「Boys 」を歌っていたら、さらにかぶったのでした(笑)。

私たちは最初の出演だったから良かったですが、事前にセットリストの打ち合わせをしておけば良かったねと後で話していました。

でもビートルズスーツで決め、1マイクで歌ったり、いつもの拘りのビートルズスタイルでさすがの演奏でした!

トリは、クラプトンバンドの「Job Control Language」さん。

元々3ピースバンドのようで、前半はアコースティックバージョンで。前半ベースだった方が後半はドラム担当されたり、皆さんマルチプレイヤーぶりを発揮されていました。

「ランニング・オン・フェイス」「レット・イット・グロウ」辺りも懐かしく、「モジョ・ワーキング」「アウトサイド・ウーマン・ブルース」等々。特に大好きな、「サンシャイン・オブ・ユア・ラヴ」「クロス・ロード」「フーチー・クーチー・マン」辺りの曲ではテンションがさらに上がりました。

 

どの出演バンドさんもレベル高く、ご一緒させてもらえ恐縮でしたが、クリーム&クラプトンも好きなので、観客としてもとても楽しめました。

ドラマーも、知り合いのビートルズバンドのドラマーさんはじめ、凄腕の方ばかりでしたが、特に初めて拝見した「Job Control Language」のドラマーさんのドラミングが職人技のような素晴らしさで、食い入るように見つめてしまいました。

後でお話させてもらったら、こちらのユニットで長年続けられているそうで、通りで息もぴったりだと感じました。

 

* * * * *

翌週の日曜は、その一か月前に、都合良かったら出てと主催の方に誘われたイベントに、ビートルズ即席バンドで参加してきました。

場所は、飯田橋にある「Space With」という初めてのお店で、縁結びで有名な「東京大神宮」の直ぐそばでした。音響も良かったです。

東京大神宮は、この日も賑わっていました。

 

私は、二番目の「The Brand- New」というバンドに出ました。ビートルズ曲ばかりですが、「Birthday」だけは今まで適当にしかやったことなかったので、ちゃんと練習して臨みました。

会場費は出演者で割って、お客様は無料だったので、結構賑わっていました。

私も、お誘いしてみた友人たちが観に来て下さいました。

昨年練馬でのイベントや、今年4月に浅草での歌謡曲バンドで、ユーミンなどの曲を歌ってくれて、何度かご一緒したことがある歌姫さんたちも見に来てくれました。

共通の友達のFacebookからこのイベントを知ったそうで、「久しぶりに会えたね!」と再会を喜び合いました。Facebookでの音楽仲間の繋がりって、すごいんですね~!

(楽器は普段、ウクレレ、アコギなどをやられていて、今年7月にサブスク配信開始された「Covers&Colors2022」というCDに参加されている、ジーナ&ヒサさんです。)

 

<対バンさんたち>

アコースティックユニット「Three of Us」さんは、煌びやかな衣装も自前で凄いです!

「旅がら's」さん。ビートルズ&CCRの懐かしの曲を聴かせてくれました。

ラスト、大盛り上がりだった、B'zカバーバンドの「BZ SOUL」さん。

こちらも、ビートルズ以外の曲も色々楽しめたイベントでした。

それではまた!(^o^)丿